脇の黒ずみ

脇の黒ずみを消すオススメ美白クリーム3選はコレ!

脇の黒ずみを自宅ケアで誰にもバレずに消す方法を探している方には、美白クリームがオススメです。

しかし、美白クリームと言っても、たくさん種類があり、どれを使っていいかわからないのも正直な所…

そこで、ここでは、脇の黒ずみに有効な美白クリームはどれか?成分から徹底調査し、本当にオススメできる美白クリームをご紹介します。

Contents

クリーム選びはまず原因から…脇の黒ずみができる原因を知ろう!

脇の黒ずみを解消するクリームを購入する前に、まず脇が黒ずむ原因を知っておきましょう。黒ずみの原因を知ることで、どんな美白クリームを使えばよいかがわかります^^

脇が黒ずむ原因は主に以下の6つあります。

  • 肌がカサつきメラニン色素の沈着
  • ムダ毛処理による肌ダメージ
  • 制汗剤の使いすぎやゴシゴシ洗い
  • 皮脂や古い角質汚れなどの詰まり
  • 肌表面からポツポツ黒く見える埋没毛
  • 肌のターンオーバーの乱れ

脇の黒ずみの原因で多いのが、一番上の「メラニン色素が肌に蓄積され、黒ずみとして現れている」状態です。

メラニン色素の沈着は、メラノサイトという細胞が肌への刺激に対して起こす防御反応です。

ワキは摩擦やカミソリ、毛抜き等の自己処理などの刺激により、身体の防御反応として、メラニン色素が放出されやすいのです。

メラニン色素が放出されても、うまく排出できれば黒ずみが出来ることもあまりないのですが、自己処理を繰り返すことで、乾燥が進み、肌環境はどんどん悪くなります。

つまり、肌のターンオーバーが正常に働かなくなるので、黒ずみが排出されるどころか、どんどん蓄積されやすい環境に陥っているのです!

よって、黒ずみができている脇には、以下のような肌症状が起こっています。

  • 乾燥とポツポツにより肌荒れが起こっている
  • 黒ずみ原因物質のメラニンが蓄積されている
  • 肌に潤いがなくガサガサ乾燥している

よって、上記の3つの肌症状を解消してくれる脇の黒ずみケアクリームを選ぶことが大事です!

あわせて読みたい
脇の黒ずみの5つの原因をすべて教えます!脇の黒ずみを何とかしたい!って思った時に、なぜ脇が黒ずんでいるのか原因を知っていますか?脇の黒ずむ原因って実は、普通に日常暮らしていれば、自然に起こっています。まずは、黒ずみ対策をする前に、脇の黒ずみができる原因を知っておきましょう。...

脇の黒ずみを消す美白クリームに大事な要素1:肌荒れ解消成分が配合!!

ということで、まずは乱れてしまった肌のターンオーバーの機能を正常に働かせてくれる成分を肌に補ってあげることが大切です!

以下の肌荒れ解消成分が配合されているクリームを選びましょう^^

肌荒れを解消する成分一覧

グリチルリチン酸2K、アラントイン、人参エキス、エイジツエキス、ワレモコウエキス、シャクヤクエキス、クララエキス、コメヌカスフィンゴ、ワレモコウエキス、ユキノシタエキス、コンフリーエキス、ヒメフウロエキス、セイヨウナシ果汁発酵液等

この中でも特に、大事な成分が、グリチルリチン酸2Kです。

グリチルリチン酸2Kの原料は、生薬である甘草(カンゾウ)で「ステロイド作用のような強力な抗炎症作用(肌荒れ改善)」が期待できるという成分です。(ステロイド作用であり、実際のステロイド剤ではないのでご安心を…)

グリチルリチン酸2Kが配合されているクリームは、「医薬部外品」とされ、一定の効果があると、厚生労働省から認められた「有効成分」となっています。

グリチルリチン酸2Kが必ず入っているクリームを選ぶことがまずは大事ですね^^

※医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間の化粧品のこと。

脇の黒ずみを消す美白クリームに大事な要素2:メラニンを撃退する美白成分配合!!

肌荒れ解消成分の他に大事な成分が、黒ずみ原因物質である「メラニン」の生成を抑えたり、撃退する美白成分ですね。

肌荒れ解消成分で、肌の機能を高めても、肝心のメラニンをどうにかしないと黒ずみは一向に薄くなりません。

よって、メラニンを撃退する「美白成分」が必要です。

美白成分も効果が認められた成分を選ぶのがポイント!!

美白成分に関しても、厚生労働省が安全性に問題がなく、かつ美白に対して効果があると認められた美白有効成分というものがあります。

厚生労働省から認可を受けた美白成分一覧

プラセンタエキス、トラネキサム酸、αまたはβアルブチン、カモミラET、4-n-ブチルレゾルシノール、リノール酸、コウジ酸、エラグ酸、ニコチン酸アミド、マグノリグナン、t-シクロアミノ酸誘導体、ビタミンC誘導体

脇に肌トラブルが起きてなく黒ずみを薄くしたいのであれば、ビタミンC誘導体がオススメなのですが…

脇の黒ずみは、上記でお話したように、肌環境が乱れていることが多く、乾燥し、刺激に対して敏感になっているので、プランセンタエキストラネキサム酸が配合されたものがおすすめです。

厚生労働省から認可された美白成分以外にも、メラニンの生成を抑えてくれる成分がこちらです。

メラニンの生成を抑えてくれる成分一例

甘草フラボノイド、トウキエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、コメヌカスフィンゴ、ダイズエキス、オウゴンエキス、カンゾウフラボノイド、サクラ葉抽出液、ビサボロール、エチルアスコルビン酸、プルーン酵母分解物、カモミラエキス等

厚生労働省から認可された美白成分と、メラニンの生成を抑えてくれる成分の両方が入っているクリームオススメですね。

脇の黒ずみを消す美白クリームに大事な要素3:肌を潤す保湿成分が配合!!

そして、最後に大事な成分が、保湿成分です。

いくら、肌荒れ改善する成分や美白成分を塗っても、肌がカラカラな状態では、うまくこれらの成分は浸透せずに、表面に留まったままになってしまいます。

これでは、全く意味がありませんね。また、脇の黒ずみができる原因の一つに、乾燥があったり、脇の皮膚は、薄く乾燥しやすい場所と言われています。

よって、成分の効果を存分に発揮させるために、保湿成分が必要になってきます。

肌に水分を補い健やかな肌へと導く保湿成分一例

ヒアルロン酸、セラミド、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、コラーゲン、濃グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、タイソウエキス、酵母多糖体末、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル等

保湿成分は、6~8種類くらいたっぷり入っているクリームがオススメです。

脇の黒ずみを消す美白クリームに大事な要素4:肌に安心!低刺激成分のクリームを!

上記の「肌荒れをキレイにする成分」「美白成分」「保湿成分」がたっぷり入っていても、その他に肌に刺激が強い成分が入っていたら、逆効果になってしまいます。

黒ずみが悪化してしまったという最悪なケースになる場合も…

市販品でよく見られる、通常の美白クリームの多くには、着色料やパラベン、アルコール等、肌に刺激となる成分が入っています。

肌への刺激となる添加物一例

着色料、紫外線吸収剤、シリコン、パラペン、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤等

できるだけ、入っていない低刺激成分のクリームを選びましょう。

脇の黒ずみに本当にオススメできる美白クリームはコレ!!

脇の黒ずみを解消するに当たり、大事な要素4つをご紹介してきましたが、その4つの要素が全て含まれた脇の黒ずみケアにオススメ美白クリームを厳選して選んでみました。

人気1位!!黒ずみケア部門で5冠達成!【アットベリー】

肌荒れ解消成分  グリチルリチン酸2K、人参エキス、トウキエキス、エイジツエキス、ワレモコウエキス、シャクヤクエキス、クララエキス
美白成分  プラセンタエキス、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキス、桑エキス、アロエエキス、ワレモコウエキス
保湿成分  トレハロース、アラントイン、ステアロイルフィトスフィンゴシン、水溶性コラーゲン-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸
添加物の有無  着色料、紫外線吸収剤、シリコン、パラペン、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤、不使用
価格  2,980円(定期コース初回)2回目以降:5,440円
返金保証の有無  あり(180日間)

※定期コースの最低継続回数は2回

自宅で出来ちゃう「美脇ケア」として脇の黒ずみケア商品でも今、注目が集まっている黒ずみ解消クリーム(医薬部外品)です。

女性2,359人に行った肌の黒ずみケア部門で5冠達成!!圧倒的支持を受けているクリームです。その理由もやはり明確!!

脇の黒ずみケアに重要な、「美白成分」「肌荒れ改善成分」「保湿成分」のこの3つがバランスよく配合され、どの成分が多くて、どの成分が少なく弱いということがありません。

どの成分もバランスがよく配合されているので、脇の黒ずみケアにも適していると言えます。

公式サイトを今すぐチェックしてみる

発売以来10万本の大ヒット!【ピューレパール】

肌荒れ解消成分  グリチルリチン酸2K、セイヨウナシ果汁発酵液、セイヨウオオバコ種子エキス、ワレモコウエキス、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、コンフリーエキス
美白成分  プラセンタエキス、コメヌカスフィンゴ、ワレモコウエキス、カンゾウフラボノイド、トウキエキス、サクラ葉抽出液、クワエキス
保湿成分  ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解ヒアルロン酸、サクシニルアテロコラーゲン液、ユズセラミド、水溶性コラーゲン-4、コラーゲン・トリペプチド
添加物の有無  着色料、香料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、不使用
価格  4,750円(定期コース)
返金保証の有無  あり(期間なし・永久)

※定期コースの最低継続回数は3回

発売以来10万本のヒットがあり、モンドセレクションを3年連続で受賞している黒ずみ改善ケアクリームのピューレパールです。

ピューレパールは、長い間販売しているだけあって、口コミも多く、また口コミの反響が良い脇専用の美白クリームです。

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」等保湿成分がたっぷり配合されているので、特に脇がカサカサした乾燥肌の方にオススメ!

公式サイトを今すぐチェックしてみる

エステサロンでも使われる優秀黒ずみケア【ピンキッシュボーテ】

肌荒れ解消成分  グリチルリチン酸2K、ヒメフウロエキス、スターフルーツ葉エキス、アーティーチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス、ビタミンE
美白成分  プラセンタエキス、ビサボロール、米糠抽出物、プルーン酵母、カモミラエキス、ヒメフウロエキス
保湿成分  ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン液、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液
添加物の有無  着色料、香料、パラペン、鉱物油、アルコール、不使用
価格  初回 無料、2回目以降:6,480円(定期コース)
返金保証の有無  なし

※定期コースの最低継続回数は3回

ピンキッシュボーテは、リピート率がなんと95%の黒ずみケアコスメです。

ピンキッシュボーテの実力は、エステサロンでも採用されるほどの実感力!

毎日1分ほどの簡単ケアで脇の黒ずみを健康な肌へと導いてくれます。

公式サイトを今すぐチェックしてみる

脇の黒ずみを消すのにクリームがおすすめな5つの理由

脇の黒ずみを解消するにはクリーム以外にも医療機関で治療するという選択肢もありますが、クリームを使うメリットは大きいです。

クリームをおすすめ理由1:ストレスフリーで毎日続けられる

脇の黒ずみケアクリームは、気になる黒ずみにお風呂上りや朝に塗るだけなので、1分もかからずにケアすることができます。

毎日のことですから、簡単に続けられることが一番ですよね^^

忙しい人や育児で大変な方でも、1分の簡単ケアならストレスなく使用できると思います。

クリームをおすすめ理由2:費用が治療やエステに比べて安い

美容皮膚科で治療する場合、脇の黒ずみは、皮膚疾患に当たらない(病気ではない)ので、保険の適応がありません。

よって、実費でのお支払いになります。

外用薬の場合、1ヶ月の費用は、約15,000円~20,000円ほど、レーザー治療の場合は、1回あたり、約10,000円で6~10回ほど通う必要があります。

エステに通う場合もクリームに比べて費用が高いです。

それに比べて黒ずみケアクリームは、1ヶ月の費用が約5,000~6,000円ほどです。

費用を見れば、クリームの方が、断然続けやすいですし、何より自宅でケアが可能です。

あわせて読みたい
脇の黒ずみを皮膚科で治すには?治療法・費用など完全マニュアルはコレ脇の黒ずみを皮膚科、美容皮膚科の医療機関で治療したいけど、どんな治療方法があって、料金はどれ位かかるの??って疑問があると思うんです。 ...

クリームをおすすめ理由3:自宅ケアができる

エステや医療機関で治療する場合、通院しなければいけません。

せっかくのお休みなのに、一日の半分をエステや病院で潰れてしまった、その時間がすごくもったいないという意見があったり、

通うまでの交通費もけっこうかかってコスパが悪いというデメリットもあります。

その点、クリームは、自宅で簡単にケアできるので忙しい方や時間を有効に使いたい方にオススメです。

クリームをおすすめ理由4:誰にもバレずに黒ずみがケアできる

黒ずみケアは、こっそりしたい方って多いと思います。私もそうでした、誰にも脇に黒ずみがあることを知られたくなかったし、もちろん彼氏や家族にも…

上記でご紹介した黒ずみケア商品は、薬局やドラッグストアには、売ってなく、通販のみの取り扱いとなります。

薬局で黒ずみケア商品をレジに持っていくのが、なんか恥ずかしいって方にはいいですね。

また、通販で購入した場合でも、配達員、宅配業者が黒ずみケア商品であることがわからないようになっています。

もちろん、パッケージや容器にも黒ずみの文字はなく、薬用クリームとなっていますので、誰にもバレずにこっそりケアが可能です。

クリームをおすすめ理由5:黒ずみ予防にも最適!!

美容皮膚科で黒ずみを解消しても、日々何もケアしなければ、脇の黒ずみはまた自然とできてしまいます。

それに、今は黒ずみはあまり気にならないけど、1年後、3年後の肌も黒ずみ知らずの肌を保ちたい方などの黒ずみ予防にもクリームはオススメです。

黒ずみケアクリームには、

  • 黒ずみを作らせない
  • 出来てしまった黒ずみをスムーズに排出させる
  • 黒ずみの原因となる乾燥を防ぐ保湿成分

が含まれていますので、黒ずみが出来にくい健康的な肌を維持し、黒ずみ予防にも効果を発揮してくれます。

クリームと一緒に日頃のケアも意識しよう!

黒ずみケアクリームと併用して、日頃の生活習慣にも気をつけながら、過ごせていると、より早く黒ずみからさよならできますよ^^

以下のことを意識してみましょう。

黒ずみ予防対策1:ムダ毛処理を見直す

カミソリや毛抜きなどムダ毛処理を行った肌には、角質が削がれるといった、肌ダメージが起こっています。

肌にダメージが起こると肌のターンオーバーが徐々に乱れ始め、身体の防御反応として黒ずみ物質のメラニンが放出されたり、

排出されるはずだったメラニンが排出されずに、残ったままになり、黒ずみがさらに出来てしまうという負のサイクルが発生します。

よって、その負のサイクルを少しでも軽減させるために、ムダ毛の処理方法の見直してみましょう。

自己処理は、カミソリや毛抜きを使うのではなく、比較的肌へのダメージが少ない電動シェーバーを使ってみましよう。

どうしてもカミソリを使用したい場合は、クリームやシェービングファームを必ず使用しましょう。

黒ずみ予防対策2:普段の生活&食事に気をかける

普段の生活の中でも「ストレスをためない」「良質な睡眠をとる」など規則正しい生活を心がけてみましょう。

また、外側のケアからだけでなく、内側からも一緒にケアすることで、健康的な皮膚になり、黒ずみもできにくくなったり、排出されやすくなったりします。

たんぱく質  新しい肌を作り出す(肉類・魚介類・大豆・イモ等)
ビタミンA  肌のターンオーバーの働きを正常にする(うなぎ・チーズ・緑黄色野菜)
ビタミンC  黒ずみ物質の生成を抑え、美肌効果(赤ピーマン・ブロッコリー・芽キャベツ)
亜鉛  できてしまった黒ずみをスムーズに排出する(牡蠣・煮干・乾燥のり)
ビタミンE  肌のターンオーバーを促進させる(かぼちゃ・アボカド・ナッツ類)

黒ずみ予防対策3:身につける衣服に気をつける

脇の黒ずみの原因の一つには、衣服の擦れや摩擦もあります。

ぴったりとした衣服や生地の硬い素材は、皮膚を刺激し、摩擦を起こしたり、

汗を吸収しない衣服もかゆみなどの肌トラブルの原因となり、黒ずみを作り出しますので、生地が柔らかく、吸汗性のよい素材(コットンや麻)に変えてみるのも◎

外出着が、難しい方なら、ルームウェアに取り入れていくのもオススメです。

また、脇は、清潔な状態に保つことが大切です。

小まめに汗を拭きとることで肌トラブルは防げますし、汗の臭いを抑えることが出来ます。

汗をかかないようにデオドラントスプレー(制汗剤)を使いすぎると角質が厚くなり、肌のターンオーバーが乱れてメラニンの排出が妨げられますので注意!

黒ずみ予防対策4:脇のゴシゴシ洗い禁止!

黒ずみが気になって、脇をゴシゴシ洗っていませんか?そのゴシゴシ洗いが、肌に摩擦&刺激を与え、肌ストレスになっている場合もあります。

黒ずみができる原因の摩擦&刺激をゴシゴシ洗いでさらに黒ずみを作り出しているのです。

洗い方も、よく泡立てた石鹸をナイロン等を使わずに優しく手で洗ってあげましょう。

また、黒ずみができている肌は、肌状態が良くないので、市販の刺激が強い石鹸を使っている方は、要注意!!

石鹸を変えるだけでも、肌ストレスが軽減されますよ^^今では、黒ずみやニオイに特化した石鹸を売っているのでぜひチェックしてみてくださいね^^

まとめ

脇の黒ずみを消すオススメの美白クリームを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

美白クリームは、色々なものが出ていますが、脇は皮膚が薄くデリケートな部分なので、脇専用の黒ずみ解消クリームを選びましょう。

また、消すクリームを使いながら、生活習慣を見直すことで、脇への負担が軽減され、より早く黒ずみとさよならできるようになりますよ^^

脇の黒ずみは、すぐに解消することは、難しいので、どんだけ手軽にストレスフリーで続けられるかが大事になってきます。

その点、黒ずみケアクリームは、毎日1分ケアなので、オススメですよ^^ぜひ試してみてくださいね。