お尻の黒ずみ

【消すケアしてる?】お尻の黒ずみをとる7つの解消方法を徹底解説!

ふと鏡で後ろ姿を見たらお尻の黒ずみ、ブツブツ、ニキビが超気になる…いつの間にか出来ていたお尻黒ずみ…

どうにかしたいですよね…私の場合、気になり出したら、温泉には行けないし、彼にもどう思われているか心配で仕方ありませんでした。

誰にも相談できずに私は1人黙々と調べて今では解消しましたが、当時はお尻の黒ずみをとる方法のまとめたサイトがあればあんなに苦労しなかったのにってすごく思っていました。

そこで、ネットでお尻の黒ずみケアや解消法として挙げられていたものを対象とし、本当にお尻の黒ずみをケア&解消できるのかを

「医者に相談して聞いたこと」「専門書籍」「信頼できるWEBサイト」などを元に調べ、どの解消方法が一番適しているか徹底検証しました。

徹底検証した結果を黒ずみで悩んでいるあなたに極秘伝授します!!

黒ずみを解消する7つの対策方法を今すぐチェック

Contents

【原因は?】お尻に黒ずみができる5つの原因!!

お尻の黒ずみを解消する対策方法を知る前に、黒ずみがお尻にできる原因は主に5つあります。

普段の生活習慣がまさかお尻黒ずみに繋がっていた!!という場合もあると思います。

私はまさしく黒ずみを増長させる生活習慣をめちゃくちゃしてました(汗)

では、お尻に黒ずみができる原因を詳しく説明していきますね。

お尻黒ずみ原因1:下着・ショーツや衣服の摩擦・刺激


お尻は、肌の中でもデリケートな部分で、ショーツや下着、パンツ等の衣服によって肌がこすれて摩擦が生じやすい部分です。

摩擦が生じると肌に刺激を感じ黒ずみの原因物質(メラニン)が放出されます。

レースやTバック、ジーンズなども、肌ダメージが発生し、その刺激から肌を守ろうと防御反応として黒ずみの原因となるメラニンが生成され、黒ずみとなります。

お尻黒ずみ原因2:蒸れやすく肌トラブルが起こりやすい


お尻は常に下着で覆われている部分なため、湿度が高くなり蒸れやすい環境となっています。

湿度が高いと汗をかきやすく、蒸れやすい状態になり、そのまま放置しておくと、かゆみやかぶれの原因となります。

そのかぶれやかゆみを掻き毟ってしまい、肌ダメージが起こるとメラニンが発生し、黒ずみへと変わります。

お尻黒ずみ原因3:長時間の座りっぱなしによるお尻への圧迫


イスに座ると体重や圧力により、お尻の一部分に負荷がすごくかかります。

長時間座るデスクワークの仕事をされている方は、さらにその分だけお尻の皮膚に負担がかかり黒ずみが出来やすい状態となっています。

肌に圧迫&刺激を受けた肌は、角質化して硬くなるほか、メラニンが放出されます。

また、学校や通勤など自転車で毎日通っている方も、気づかないうちにお尻に黒ずみができやすいタイプです。

お尻黒ずみ原因4:お尻ニキビが気づいたら黒ずみへ変わる


お尻は、シャンプーやトリートメント、ボディーソープの洗い残しが起こりやすい場所です。

洗い流しが肌に溜まり、毛穴を塞いでしまってニキビができてしまうケースが多くあります。

ニキビの炎症や、にきびができている部分にイスに座るなど刺激が生じると、カラダの防御反応からメラニンが発生されます。

その結果、ニキビが黒ずみに変わったり、ニキビ跡が黒ずみに変化します。

お尻黒ずみ原因5:乾燥によるターンオーバーの乱れ


蒸れとは対照的にお尻の肌は乾燥しやすくターンオーバーが乱れやすい場所です。

そして、血行不良による新陳代謝の低下も起こりやすくもなります。

肌のターンオーバーが乱れたり、機能が低下してくると、メラニンを含む古い角質が垢と一緒に押し出されにくくなります。

本来、垢として排出されるはずだった黒ずみが排出されずに、肌に残ったままとなり黒ずんで見えてしまいます。

お尻の黒ずみを解消する7つの対策方法!

美白効果 費用 安全性 続けやすさ
美白クリーム
市販のピーリング
ジャムウ石鹸
レーザー治療
ハイドロキノンなど薬剤
ケミカルピーリング
イオン導入

黒ずみができる原因からわかることは、黒ずみの元なる「メラニン」の生成を抑えて肌を整えてあげることが大切です。

上記の7つの対策方法は、自宅と美容皮膚科、美容外科で受けられる対策方法で、全てメラニンの生成を抑えてくれます。

自分はどの方法で解消したいか…考えながら次を読み進めてみてくださいね^^

対策法1:【おすすめNO.1】お尻専用の黒ずみ解消の美白クリームを使う!

 特徴  何からはじめていいかわからない方にオススメ!自宅でこっそりお尻の黒ずみケアができる
 1ヶ月にかかる費用  約5,000円~7,000円
 解消するまでにかかる時間  2ヶ月~半年
 使用回数  1回~2回(1日)
 成分  「美白成分」「保湿成分」「肌荒れ解消成分」「美容成分」がバランスよく配合され黒ずみを徐々に解消していく!

お尻の黒ずみに特化して作られたお尻専用の「黒ずみ解消の美白クリーム」です。

出来てしまったお尻の黒ずみやブツブツ、にきびにはもちろん、黒ずみ予防にも効果が期待できる美白クリームです。

お尻の黒ずみの原因となる「メラニン」を抑える美白成分や肌のターンオーバーを正常に機能させる「肌荒れ解消成分」が配合され、根本から黒ずみをケアしてくれます。

これらの薬用成分が作用することで、出来てしまった黒ずみやにきびを徐々に解消し、健やかでキレイな肌へと導きます。

美白成分は、いろいろありますが、医薬部外品として厚生労働省から認可を受けている美白有効成分が配合されている薬用の美白クリームを選びましょう。

毎日1分ほどの簡単ケアですし、1ヶ月にかかる料金も続けられる値段で、ストレスなく黒ずみケア可能です。

黒ずみケアを始めたいけど、何からはじめていいかわからない初心者の方にもオススメのケア方法です。

美白クリームには、返金保証もついてくるので安心して始められます。

おすすめの美白クリームをチェックする

対策法2:古い角質黒ずみに市販のピーリング剤を使う!

 特徴  古い角質黒ずみを取り除いたり黒ずみを排出しやすくする、ドラッグストアで購入可
 1ヶ月にかかる費用  約1,000円~3,000円
 使用回数  1、2週間に1回

お尻に黒ずみの他に、ザラザラ肌(角質)がある場合は、定期的に自宅で市販のピーリングを行う方法があります。

ピーリングは不要な古い角質を取り除くのに有効な方法です。

よって、肌のターンオーバーが乱れ、お尻にザラザラ感がある方におすすめです。

また、古い角質を取り除くことにより肌のターンオーバーが促進され、黒ずみが排出されやすくなります。

ピーリングはやりすぎると肌に負担がかかり、トラブル肌(乾燥肌、肌荒れ)を引き起こしますので注意しましょう。

また、にきび予防にはいいですが、炎症が起こっているにきびに使用するのは、にきびや黒ずみ悪化につながりますので厳禁です!

1~2週間に1度のスペシャルケアとして、定期的に使うようにしましょう。

対策法3:薬用の無添加石鹸で毎日優しく洗う!

 特徴 市販の石鹸から変えるだけでトラブル肌を防ぎ黒ずみが出来にくい肌へ導くまたニオイも解消してくれる
 1ヶ月にかかる費用  約2,000円~
添加物  合成香料、合成着色料、防腐剤を一切不使用
成分  「肌荒れ解消成分」「におい解消成分」「かゆみを防ぐ抗炎症成分」「黒ずみをケアする成分」など配合!

薬局、ドラッグストアで売っている石鹸やボディーソープの多くは合成界面活性剤で作られていて、黒ずみができている肌には刺激が強すぎます。

必要な皮脂や角質までも落としてしまう為、皮膚のバリア機能が低下しニキビができやすくなったり、黒ずみが悪化するなど肌トラブルを招く可能性があります。

よって、お尻に使う石鹸を変えてあげるだけでトラブル肌を防ぎ黒ずみケアに繋がります。(デリケートゾーンにも近い場所なので、なおさら気をつけたいですね。)

石鹸を選ぶ時は、肌に優しい天然成分で作られ、合成香料、合成着色料、防腐剤を一切不使用の無添加石鹸がおすすめです。

そして、「肌荒れ解消成分」「保湿成分」「抗炎症成分」「黒ずみケア成分」が配合されたものを選びましょう。

黒ずみが気になるからと言って、ゴシゴシこすり洗いは厳禁です。

石けんを泡立てて、素手でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。また、汗をかいたらなるべく早めに洗いましょう。

デリケートゾーンに近い場所なので、「デリケートゾーン専用の薬用ジャムウ石鹸」をデリケートゾーンと一緒にお尻に使うのがおすすめですよ^^

石鹸だけでは、黒ずみ解消には時間がかかりますが、毎日の石鹸を変えるだけで、匂いや黒ずみ悪化を防ぎトラブル肌から肌を守ってくれます。

また、かぶれやかゆみからも解放され黒ずみ予防にも繋がります。(生理中、特にニオイが気になる方もジャムウ石鹸はオススメです。)

あわせて読みたい
デリケートゾーンの黒ずみにもおすすめできる!人気石鹸ランキング!デリケートゾーンを洗う時に、薬局などの市販で売っている石けんではなくて、デリケートゾーン専用の石けんがあることを知っていますか? ...

対策法4:美容外科・皮膚科でレーザー治療!

レーザートーニング レーザーホワイトニング
特徴 ごく弱いパワーで照射し「メラノサイト」に刺激を与えずに、メラニン色素の塊を直接破壊していく方法 レーザー照射によるホワイトニング効果と角質除去(毛穴縮小効果)の両方を兼ね備えているレーザー
料金 10,000円~20,000円 15,000円~20,000円
痛み 輪ゴムでパチンとたたいたような痛みあり 肌に少し熱さを感じる程度
時間 約10分 約30分
効果の出る回数 6~10回 4~5回(続けることでより高まる)
副作用の有無 あり(赤みや腫れなど) あり(赤み、腫れ、かぶれなど)

どちらもレーザー照射によって破壊されたメラニンは、ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)の働きとともに、表面に出て垢として剥がれ落ちていき黒ずみが徐々に薄まっていきます。

レーザー治療は、炎症をおこさせないほどのマイルドなパワーで照射するため、副作用が比較的起こりにくく安全性が高いとされています。

レーザー治療をしながら、「イオン導入」or「ケミカルピーリング」or「薬剤」を組み合わせて施術することで、効果がさらに高くなります。

※基本的に麻酔は使用しませんが、痛みに敏感な方には、麻酔クリーム(別途かかる)を使用する美容外科、皮膚科もあります。

対策法5:おしりの黒ずみにハイドロキノンなどの薬剤!

外用薬 内服薬
特徴 美白成分である「ハイドロキノン」を医師の指導の元で皮膚に塗り、黒ずみを排除していきます。 飲用することで、内側から黒ずみの産生を抑え、色調を薄くする作用があります。
種類 ハイドロキノンとトレチノインの2種類の塗り薬が処方 トランサミン、シナール、ユベラの3種類のうちのどれかが処方
1ヶ月あたりの料金 約8,000~20,000円 約5,000~15,000円
回数 1日1回 1日1回
副作用の有無 あり あり

薬剤でお尻の黒ずみを治療する場合、「肌に塗って使用する外用薬」と「薬を飲んで内側から黒ずみをなくしていく内服薬」があります。

外用薬を使った場合、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の2種類の外用薬が処方されます。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を強力に抑制したり、酸化して黒くなったメラニンの色を戻す効果があります。

トレチノインは、ビタミンA誘導体で、皮膚の代謝を上げ、肌のターンオーバーを強力に促す効果があります。

2つの外用薬を合わせて使用することで、黒ずみを徐々に押し出し、お尻の肌状態を元の皮膚へと導きます。

内服薬は抗酸化ビタミンを使って黒ずみができる過程を抑制し、身体の内側から黒ずみを薄くしていきます。

対策法6:お尻の黒ずみにケミカルピーリング!

価格 5,000~30,000円
通うペース 2週間に一度ほど
効果の出る回数 5~6回
副作用 発赤、熱感、痒み、痛み、ピリピリ感、乾燥が生じる場合あり
施術時間 20~30分

※使われるピーリング剤によって、価格が変わってきます。副作用が起こる場合もありますが、通常は2、3日程度で解消します。

薬剤の力で肌の古い角質や毛穴汚れを取り除いていきます。

皮膚の角質層から表皮上層部を剥がれやすくし、肌のターンオーバーを正常に働かせ、促進してくれます。

使われる薬剤には、美白効果の他に真皮のコラーゲン産生を高める美肌効果もあります。

よって、お尻に黒ずみプラス、にきび・にきび跡がある場合にも有効です。

施術後は肌が敏感な状態ですので、保湿をしっかり行いましょう。

皮膚に極度の肌荒れがある場合は、ケミカルピーリングは受けられません。

対策法7:お尻の黒ずみにイオン導入治療!

使われる薬剤 トラネキサム酸(美白効果の他、肌荒れ解消効果)、グリシルグリシン(保湿効果)、プラセンタ(肌の新陳代謝を促進や美白効果)等
価格 6,000~50,000円
通うペース 1週間に一度ほど
効果の出る回数 6~8回
副作用 発赤、熱感、痒み、痛み、ヒリヒリと熱く感じる状態、腫れ、発疹が生じる場合あり
施術時間 30~40分

※イオン導入に使われる有効成分によって、価格が変わってきます。

高濃度ビタミンC・トラネキサム酸・グリシルリシンなどを配合した有効薬用成分を肌に塗り、微弱な電流を流し、肌の深部に薬剤を取り入れます。

肌の奥深くにまで有効成分を直接届ける事ができるので、根本にある黒ずみを分解、除去していきます。

また、ニキビの原因の一つとなる皮脂の過剰分泌を抑える働きのあるビタミンCを肌にイオン導入することで新たなニキビの発生を予防します。

お尻の黒ずみ以外にもニキビにも有効です。

肌への入っていく力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われています。

美容皮膚科、クリニックによって、使われる薬剤は異なり、オリジナル薬剤を使っている美容皮膚科もあります。

対策方法の中で黒ずみ解消クリームがおすすめな理由


対策方法の中で一番おすすめできるのが「お尻専用の黒ずみ解消の美白クリーム」です。

美容外科、皮膚科に行くにはまだ抵抗がある、その前に自分で何か自宅でできる対策方法をまず試してみたい!!って方にオススメです。

その他に黒ずみ解消クリームがおすすめできる人とは…

  • 毎日続けられる値段で簡単に黒ずみケアしたい方
  • 自宅で誰にもバレずにこっそりケアしたい方
  • 医薬部外品の美白クリームでしっかり黒ずみケアしたい方
  • お尻専用の黒ずみ解消の美白クリームを一度試してみたい方
  • 美容皮膚科での通院でせっかくの休みを潰したくない方
  • 美容皮膚科や美容外科が近くにない方
  • お医者さんでも他人にお尻の黒ずみを見せるのがイヤな方

黒ずみ解消の美白クリームは、手軽に試せるように返金保証もしっかりついていますので、始められやすいです^^

美白クリームに含まれる「美白有効成分」「肌荒れ解消の美肌成分」「保湿成分」が黒ずみが起こっているトラブル肌に対して

肌のターンオーバーを正常に促し、そこにたっぷりの美白成分を注入することで黒ずみを徐々に解消させていきます。

また保湿成分を与えることで、黒ずみが出来にくい健やかな肌へと導きます。

お尻の黒ずみの他に、脇、顔、乳首、Vライン、膝、肘などの黒ずみにも効果が有効です。

一番良かったのはどれ?おすすめなお尻専用の美白クリームランキング!


ランキングは、美白成分、美肌成分、保湿成分の成分量の他に、口コミ満足度、続けられる価格かどうかを評価し、黒ずみ解消におすすめなお尻専用の美白クリームはどれなのか?ランキングを作ってみました。

【ランキング1位】ピーチローズ

価格 単品購入 10,000円/ 定期購入 5,195円(クレジット払い) 5,695円(コンビニ払い)
容量 60g(約1ヶ月)
黒ずみに有効な成分 アルブチン・グリチルリチン酸2K・アラントイン・トウキエキス・ワレモコウエキス・シャクヤクエキス等
全額返金保証 あり(60日間)
総合評価

ピーチローズは累計販売数が37万個突破!!使ってみたいヒップケア商品の中で人気NO.1を獲得したお尻専用黒ずみ解消クリームです。

厚生労働省の認可を受けた医薬部外品の美白クリームとして多くの効能・効果の承認を取得し、黒ずみを様々な角度からアプローチ!

薬用美白成分が黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、高濃度保湿、そして、94.6%の美容成分がニキビを予防します。

触れたくなるほどのしっとりなめらかな美肌&美尻と自信のあるカラダへと導きます。

お尻ケアと言えば、「ピーチローズ」と言われるほど口コミ&満足度が高い美白クリームです。

公式サイトをチェックしてみる

【ランキング2位】プチノン

価格 単品購入 8,000円/ 定期購入 初回2,980円(2回目以降 5,980円)
容量 50g(約1ヶ月)
黒ずみに有効な成分 プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K・プルーン酵素分解液・ビサボロール・米糠抽出物加水分解液等
全額返金保証 あり(30日間)
総合評価

口コミ満足度が高く、ピーチローズと同様に有効成分が配合された医薬部外品として人気の美白クリームです。

プチノン独自の3アクションケアで美容成分を肌の奥深くまで成分を馴染ませます。

「ニキビケア」「美白ケア」「保湿ケア」と8種類の植物由来ケアで元から黒ずみケアをしてくれます。

初回は定期購入の価格からさらに半額の値段で購入することができます。

公式サイトをチェックしてみる

【ランキング3位】ハーバルラビット

価格 単品購入 7,000円/ 定期購入 4,250円(クレジット払い) 4,750円(コンビニ払い)
容量 35g(約1ヶ月)
黒ずみに有効な成分 グリチルリチン酸2K・トラネキサム酸・プラセンタエキス・3-O-エチルアスコルビン酸・ビサボロール等
全額返金保証 あり(60日間)
総合評価

人気女性誌5誌の黒ずみケア特集に紹介された実績もあり、モデルさんも愛用している方も多いお尻の黒ずみケアクリームです。

うさぎのパッケージがかわいくて、ポーチに入れても洗面所に置いてもお尻の黒ずみケア商品なんて一切わからなく、誰にもバレずにこっそりケアすることができます。

4種類の美白成分と最高級の潤い成分で、黒ずみを元からシャットアウト、徐々に健康的な肌へと導いていきます。

公式サイトをチェックしてみる

断トツでイチオシ!オススメのお尻専用の美白クリームは「ピーチローズ」

ピーチローズがおすすめな6つの理由
  • 黒ずみの原因となる「メラニン」を抑制する美白成分がしっかり配合!
  • 厚生労働省から認可された薬用成分配合!
  • 黒ずみを出来にくくする保湿成分がたっぷり配合!
  • 肌のターンオーバーを正常に促す美容成分配合で健やかな肌へ導く!
  • お尻に安心して使えるような無添加処方!
  • 日本人の肌に合わせて作られた純日本製で安心!
  • 美容成分のオールインワン化でワンステップケアで毎日続けられる!

アレルギーテスト済みで、肌に刺激を与えるとされる「旧指定成分」は一切入っていないので、安心して使うことができます。

定期コースには60日間の全額返金保証がついているので、何か起きたときでもしっかり保証が受けられます。

また、一人ひとりに合わせて美容アドバイザーが対応する無料カウンセリング付きです。

他の人にはなかなか聞けない女性の悩みを真摯に聞いてくれて、アドバイスしてくれますよ^^

まずは、自宅でお尻黒ずみをなんとかしたい方におすすめです!!

公式サイトをチェックしてみる

お尻の黒ずみを作らせない!対処法5つ!

対策方法がわかった所で、日頃から黒ずみを作らせないための対処法をご紹介します。

日常のちょっとした小物を置いたり、生活習慣を少し変えるだけで、黒ずみを作らせない&出来にくい肌へとなっていきます。

対処法1:デスクワークにはイスの下にクッションを敷く!


デスクワークの方は、お尻の同じ場所がずっと圧迫された状態でニキビを潰してしまったり、蒸れや乾燥の原因になり、黒ずみが発生しやすいです。

よってクッション性の良い低反発のものを下に敷くと圧迫が大分防げます。

座る事が辛いので有ればドーナツ状のクッションを使えば大分楽になりますよ。

対処法2:パンツの素材・形・サイズを適切なものに変える!


パンツ、下着は、毎日お尻に触れるものなので、自分に合う適切なサイズを選びましょう。

肌に合わない素材やサイズ、形は、摩擦を起こし黒ずみが作られる原因になります。

素材は、通気性がよく、蒸れにくいコットンや麻、シルクがおすすめ!

また、サイズが小さいとお尻が締め付けられて、血行やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりにきびの原因になります。

ややゆるめのサイズを選びましょう。

ナイロンなどの化学繊維の下着は、オシャレですが、摩擦力が大きいため肌に刺激を与えてしまうこともあります。

よって、特別な時(デート)だけと決めてみましょう。

対処法3:肌のターンオーバーを促す食事で黒ずみを排出しやすくする!

タンパク質 新陳代謝を活発にする(肉・魚介・大豆・牛乳)
ビタミンA 皮膚を修復しターンオーバーを 促進させる(うなぎ・緑黄色野菜・レバー)
ビタミンB郡 新しい皮膚を作り出す(豚・大豆・卵・納豆・玄米・レバー)
ビタミンE メラニンの生成をブロックする(アーモンド・ナッツ・たらこ・アボガド)
ビタミンC コラーゲンの生成やメラニンの生成を抑制(ブロッコリー・芽キャベツ・パセリ)
亜鉛 新陳代謝を促す(牡蠣・煮干・乾燥のり)
セラミド 肌の水分保持機能やバリア機能を保つ(こんにゃく・黒豆・小豆・ひじき・わかめ・ごぼう)

外側のケアだけでなく、内側のケアからも、黒ずみが出来にくい健康的な肌が作られます。

それは、日々のバランスの摂れた食事です。

上記の食材では、特にビタミンC・Eはメラニンの生成を抑え、黒ずみを薄くする食材になりますので意識的して摂っていきましょう。

毎日の食事で身体は作られていますから、良い食事を続ければ続けるほど、黒ずみ以外でもハリのある美肌へと導かれます。

また便秘知らずとなりますので、毎日気分良く過ごせます。

対処法4:紫外線予防をしっかり行う!


紫外線とお尻の黒ずみには、同じメラニン色素が関係しています!

紫外線を浴びると身体の防御反応からお尻の黒ずみと同じメラニン色素が放出されます。

よって、黒ずみケアをしている時に、紫外線をたくさん浴びるとメラニン色素を活発にさせ、黒ずみをさらに作り出していることになりますので注意しましょう。

  • 日焼け止めクリームをしっかり塗る
  • 飲む日焼け止めサプリを飲用する
  • 帽子や日傘を持つ
  • サングラスをかける…etc

よって、上記のように日焼け対策をしっかり行い黒ずみの元となるメラニンを阻止しましょう。

対処法5:ヒルドイドなど保湿をしっかり行い乾燥を防止!


お尻は乾燥しやすく、肌トラブルを起こしやすい場所などで普段からしっかり保湿を行いましょう。

美容意識が高い女性の間では、お尻の黒ずみケアに「ヒルドイド」が人気が高いです。

ヒルドイドローションは「3万円の乳液」より保湿効果があると皮膚科の医師がコメントするほどの高い保湿力があります。

  • 皮膚細胞に水分補給する働き
  • 持続性のある高い保湿力がある

上記の2つの保湿効果があるため、朝塗っても、夕方以降もお肌がしっとり潤っています。

その他にもヒルドイドの血行促進作用で、血流が良くなることで、肌のターンオーバーを上げてくれる働きがあります。

主成分はヘパリン類似物質なので、購入には処方箋が必要なため、医療機関で受診する事が必須となっています。

保険が適応され、500円以内で買えますが、最近では美容目的で購入する方もいて病院では断られることも多くなっています。

保湿剤は、ヒルドイド以外にも「ワセリン」「肌に塗る用のオリーブオイル」「ココナッツオイル」「ホホバオイル」「ベビーオイル」などの保湿剤もあります。

薬局で購入できるお尻の黒ずみケアの市販薬6選!

美白成分 保湿成分 ニキビケア成分 ターンオーバーを促す成分
ニベア
オロナイン
ワセリン
BabyボディスムーザーN
ペアA錠
ケシミン

上記の商品は、近くにある薬局、ドラッグストアで手軽に購入できる市販薬でお尻の黒ずみケアできる商品です。

お尻の黒ずみケアには、「美白成分」「保湿成分」「ニキビケア成分」「ターンオーバー促す成分」が必要なのですが…

その4つを全て満たす市販薬はありません。

薬局、ドラッグストアで購入できる市販薬をお尻の黒ずみに使う場合、本来の使用目的と異なる場合もありますから注意をしましょう。

市販薬を使ってみて何か肌に違和感を感じた場合は、すぐに洗い流しましょう。

市販薬はお尻の黒ずみを予防する分には有効ですが、出来てしまった黒ずみには効果は弱いことを覚えておきましょう。

あわせて読みたい
お尻の黒ずみは市販薬で解消する?薬局で買えるおすすめ7選を紹介!お尻で気になる肌トラブルの一つとして挙げられるのが、「お尻の黒ずみ」だと思います。 誰にも相談できないし、できれば誰にも気づかれず...

【お尻黒ずみ治療】失敗しない病院の4つの選び方


お尻の黒ずみを美容皮膚科・外科の病院で解消したい場合、自由診療のため、保険の適応がありません。

よって価格もさまざまで、施術内容も病院ごとに異なってくるので、信頼できる失敗しない「安心・安全なクリニック選びの4つのポイント」をご紹介します。

  • 医師や看護師、スタッフが真摯に接してくれる
  • 女性医師が在籍している
  • 治療費の金額設定がしっかりしている
  • 通っている方の口コミが掲載されている

お尻の黒ずみを医療機関でする場合、無料のカウンセリングを受けられる美容外科、皮膚科がほとんどです。

よってまずはカウンセリングを受けてみて、病院の雰囲気や医師や看護師、スタッフの対応をチェックしてみましょう。

そして、自分とは相性が良いか、信頼できるかどうか見極めてみましょう。

治療費の説明があいまいだったり、しつこい場合は注意しましょう。

不安の場合は、いくつかの病院でカウンセリングを受けてみるのもいいですね^^

あわせて読みたい
お尻の黒ずみを皮膚科・美容外科で解消する方法全部教えます!お尻の黒ずみを皮膚科、美容外科など医療機関でしっかり解消したい方もいると思います。 皮膚科や美容外科でお尻の黒ずみを治療したいけど...

【口コミで話題!】お尻の黒ずみにニベアを使う際は注意が必要!


薬局やドラッグストアで超お手頃価格、プチプラで購入できる「ニベアの青缶」

一時期、ニベアが、「アメリカの超高級美容クリームと成分が激似!している」ことから、「お尻の黒ずみ」にも効果があるのでは??とSNS等で口コミが広がっていました。

ニベアの青缶がお尻の黒ずみに良い!とされている理由がこちらです。

  • 肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ保護成分が配合!
  • 肌を健やかな状態へとサポート&キープする成分が配合!
  • ニキビができている肌にも有効に働く!

普段のスキンケアの保湿クリームとして使ったり、お尻ニキビができている場合には有効に働きます。

また、黒ずみが解消された後の保湿剤として黒ずみ予防にも繋がります。

  • 出来てしまった黒ずみを解消する美白成分が入っていない!
  • 肌質によっては肌荒れを起こす可能性もあり!!

ニベアには、肝心の黒ずみを解消する美白成分がいっさい入っていないため、根本的に黒ずみを解消するのは難しいでしょう。

またニベアには、デリケートゾーンが近いお尻には刺激となる添加物が配合されています。

配合されている添加物が、「香料」「鉱物油(ミネラルオイル・パラフィン・ワセリン・マイクロクリスタリンワックス)」「シリコン(シクロメチコン)」です。

人によっては、肌荒れを起こす場合がありますので、お尻に使う際は十分に注意しましょう。

お尻ニキビに炎症や膿みがある場合は悪化することがありますので、使用は厳禁です。

あわせて読みたい
お尻の黒ずみはニベアで解消できるのか?全成分から徹底検証します!最近、SNSで「お尻の黒ずみにニベアが良いという口コミを目にしました。本当に効果があるのかな??」という書き込みを見つけました。 ...

お尻黒ずみに「市販のピーリング剤」と「ケミカルピーリング」を徹底比較!

市販ピーリング剤 ケミカルピーリング
黒ずみへの効果
コスパ
1,000~3,000円
×
5,000~30,000円
時間 時間がかかるもしくは、解消されない場合もあり 3ヶ月~1年
安全性

お尻の黒ずみケアで使われるピーリングには、自宅でのセルフケアとして使える「市販のピーリング剤」と美容皮膚科等で行っている「ケミカルピーリング」の2種類あります。

市販のピーリング剤は、コスパが良く手軽に始められますが、トラブルを防ぐため効果がとてもマイルドに作られています。

よって、ザラツキをケアする分にはおすすめです。

一方、美容皮膚科で行われるケミカルピーリングは、薬剤の力で肌の古い角質や毛穴汚れを取り除いていくので、値段は高いですが、黒ずみ解消には効果が期待できます。

クリニックによって使う薬剤が異なるので、値段もピンきりですが、やはり高ければ高いほど効果が高いと言えます。

あわせて読みたい
お尻の黒ずみはピーリングで解消されるのか徹底検証!お尻の黒ずみはピーリングで解消されるという話を口コミで見かけました。 そもそもお尻の黒ずみはどうしてできるのか?原因を知りつつ… ...

お尻に黒ずみの他にニキビができてしまう3つの原因


お尻の肌トラブルとして多く挙げられるのが、黒ずみの他にニキビがあります。

お尻ニキビをそのまま放置しておくとニキビがいつの間にか黒ずみに変わっていた!!なんて悲劇が起こらないようにお尻ニキビが出来てしまう原因も一緒に知っておきましょう。

  • お尻には皮脂分泌が多い!
  • 下着の内部が蒸れやすい!
  • 肌が乾燥しやすい!
  • 擦れる部分なのでニキビが悪化しやすい!

ニキビができる原因は、過剰な皮脂分泌なのですが、お尻は皮脂分泌が多い部分です。

詰まった毛穴がアクネ菌によって炎症が起きるとニキビが出来ます。

その他にも、乾燥しやすいのに、蒸れやすいという厄介な場所なので、肌トラブルが起こりやすい箇所なのです。

またパンツによって擦れたり、デスクワークによって長時間ニキビに圧力や負担がかかることで、治りにくく悪化しやすいです。

きちんとニキビをケアしないと、そのニキビがいつの間にか黒ずみに変わってしまう可能性もあります。

あわせて読みたい
お尻に黒ずみやニキビができてしまう原因は?対策方法も教えます!イスに座った瞬間に、「イタイっ!!」と痛みが走り、鏡でチェックしてみると、お尻に「にきび」や「黒ずみ」が出来ていたなんて経験はありません...

お尻の黒ずみざらつきケアに!重曹スクラブの作り方をご紹介!!


市販のスクラブは、添加物が気になるし、もっと身近なものでボディスクラブは作れないのかな…って思っている方には、重曹スクラブがあります。

重曹の成分「炭酸水素ナトリウム」には、古い角質を溶かして、肌のターンオーバーを活発にして肌をやわらかくする作用があります。

  • 食用(無添加)の重曹:大さじ1
  • 水:小さじ1

重曹と水を混ぜ合わせトロっとさせます。トロっとならない場合は、水を少々足しましょう。

ホホバオイルやココナッツオイル等の保湿オイルをいれてもOKです。

保湿オイルを入れない場合や、終わった後に肌にツッパリを感じるようであれば、保湿を入念に行いましょう。

やりすぎは厳禁です!1,2週に一度のケアをおすすめします。

ざらつきはある程度なめらかになりますが、根本的に黒ずみを解消するには難しいことも覚えておきましょう。

あわせて読みたい
お尻の黒ずみ・ざらつきはボディスクラブで解消されるのか徹底検証!お尻の黒ずみやざらつきをなんとかしたい!!といろいろ調べていた時に、「ボディスクラブが黒ずみに良いらしい…」ってSNS上で書かれていて…...

お尻黒ずみにオロナインは効果的なの?!


Yahoo!知恵袋でこんな質問を見つけました。

「お尻の黒ずみはオロナインを塗ると消えたりしますか??」」

回答:お尻の黒ずみにニキビ菌がある時は有効!

オロナインの本来の効果は「殺菌・消毒」のため、ニキビの原因である「アクネ菌」の繁殖を抑えることで、ニキビが徐々に消えていきます。

ニキビが解消されることで、肌荒れもなくなるので、ニキビ跡から引き起こる色素沈着(黒ずみ)が予防できます。

炎症が起こっている赤ニキビにオロナインを塗ると殺菌効果が強すぎて、逆にニキビが悪化する恐れがあるので注意しましょう。

また敏感肌やアトピー肌など、皮膚のバリア機能が低下している場合に使用すると、接触皮膚炎(かぶれ)が起こす可能性があります

※オロナインに配合されているのは、5種類の保湿成分と1種類の殺菌、抗菌成分等で作られています。

よって、出来てしまった黒ずみに直接作用する「美白成分」と「メラニンを作らせない美容成分」が入っていません。

よって、根本的にはすでに出来てしまった黒ずみを解消するには、難しいと言えます。

あわせて読みたい
お尻の黒ずみはオロナインで解消されるの?成分から徹底検証!お尻の黒ずみで悩んでいた時に、Yahoo!知恵袋でこんな質問を見つけました。 「お尻の黒ずみはオロナインを塗ると消えたりしますか?...

【まとめ】

出来てしまったお尻の黒ずみは、自宅ケアあるいは、美容外科、皮膚科などの病院で解消することは可能です。

まずは、自宅ケアの美白クリームをおすすめしますが、半年経っても何も変化が起こらない場合は、医療機関で一度相談してみましょう。

お尻の黒ずみが解消されても同じ生活習慣を繰り返せば、黒ずみは自然とまだ作られてしまいます。

よって、日々の予防策も欠かさずに行ったり、黒ずみ解消の美白クリームでケアしていきましょう。

あわせて読みたい
【最新版】お尻の黒ずみを解消する美白クリーム人気ランキング3選!気づいたらいつの間にかできていたお尻の黒ずみ!! 誰にもバレずに自宅ケアでなんとかしたい方もいると思います。 そんな方には、...